悩めるカサンドラさんへ…財産目録を作ってみよう【心の準備編】


「離婚したい…でも私一人でやっていけるかわからない…」

 

そう思ってるカサンドラさん多いですね。
思ってはいるけど、どうしたらいいのかわからない、という…

そんなカサンドラさんに、私はまずは「財産目録を作ってみる」ことをおススメします。

私も離婚するにあたってこの財産目録ってやつを自分で作りました。

財産目録というのは、夫婦の共有財産(不動産、現金、株式、保険、高級品などお金に換えられるものすべて)をリストアップしたものです。ローンや借金がある場合はマイナスの財産として含みます。

離婚となればその半分はもらえるはずなのです。たとえ稼ぎは夫一人でも、家庭を支えてきた妻にも半分の財産を所有する権利があると今の法律では考えられています。

それは自分の場合、実際いくらあるのか? 知りたくないですか?

「難しいことは私にはムリ」

そう思いますか?確かめてみましたか?

もちろん作ってみたらお金の無さがはっきりしてショックを受けるかもしれません。
でも少なくとも今の状況がちゃんと把握できることで、この先の手の打ち方も考えられるようになってきますよ。
「こうすればなんとかやっていけそうだ」と分かれば、夫から離れて自由になれますし、あるいは「やっぱりどう考えても無理だからもう一度夫と向き合ってみよう」と心を新たにするかもしれません。

どちらにせよ、自分が今より前向きになれるならその方が生き方として素敵じゃないでしょうか。
そのための 具体的な一歩を踏み出す って、とても大事です。
モヤモヤしてる時間はちょっと置いといて、ノートと、ペンと、計算機 を持ってきてください。(笑)
お金もかからないし、誰にも迷惑かけません。
誰かからあおられることもないです。
出来上がるまでに1か月~2か月かかると思いますが、気長に。
ひとつずつ、私と一緒にやってみましょう。

私は弁護士ではないけれど、実際に自分ひとりでこれをやりました。
だからこそ素人目線で伝えてあげられます。
経験者として話をすることができます。
弁護士を雇えばきっと手取り足取りやってくれるけど、ン十万円かかります。
精神的に参ってるカサンドラさんが、高額な出費でさらに心が弱る…なんてしてほしくないです。
どうしてもわからないことや特殊な質問が出てきたら、そこだけ抽出して、短時間(少額出費)の相談として専門家を利用すればいいと思います。

「オンナが自分から離婚なんてできるわけがないだろ(笑)」

そんな夫の思い込みを一か月後にニッコリ笑って否定してやりましょう。

 

このあと、
①不動産編
②預貯金・現金・投資信託・株式等編
③保険関係編
④車・貴金属・高額品編
⑤負債編
に分けますので、順番にやっていきましょう。

 

(私も経験したことをなるべく正確に伝えていこうと思いますが、誤りが全くないとは限りません。あくまで参考にしていただいて、疑問があればその道の専門に確認するのがベストです。もし誤りにお気づきの方がいらっしゃいましたらご指摘いただけたら幸いです。)

 

ノートと、ペンと、計算機は準備できましたか?

ペンはシャープペンか、消せるボールペンがいいかもしれません。
間違ったら消せるし、精確に書けますからね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました